Home AS防音マット 床の防音工事 床面防音の知識 AS防音マット防音工事Q&A 会社概要 問合せ

◇AS防音マットと防音工事のQ&A◇


子供の足音対策に有効な
AS防音マットの購入

Q01 「子供の足音騒音を消す防音工事」とはどのようなものでしょうか?
Q02 子供の足音は重量衝撃音(LH)に属し、完成後の対応が難しいのですか?
Q03 重量衝撃音対策のAS防音マットの防音の仕組みは?
Q04 費用はどの程度必要でしょうか?
Q05 AS防音マットは簡単に敷くことが出来るのでしょうか?
Q06 AS防音マットにはどのような種類がありますか?
Q07 AS防音マットの上に敷く仕上げ材は、どんな材料が可能ですか?
Q08 AS防音マットの上に敷く仕上げ材の施工法はどうですか?
Q09 AS防音マットを使うと実際にどの程度の効果がありますか?
Q10 「AS防音マット」の防音効果以外の長所はありますか?
Q11 ゴム系の防音・防振マットと静床ライトの組み合わせが足音防音効果ありと聞きましたが、「AS防音マット」との違いはありますか?
Q12 スラブ厚150mmフローリングに静床ライトを敷いていますが、下の階からクレームを受けています。何か良い方法がありますか?

   A01


  子供は1歳過ぎるころから歩き始めます。少し大きくなると動き回ることが楽しくなります。幼児が歩いたり走ったりするのは自然な成長の証です。


  しかし、幼児の場合、歩いたり走ったりするとき、体の関節や筋肉を上手に使えないため、大人より大きな音を出して動き回ることになります。


  この時出す音が、上下階や近隣との、トラブルになる例が少なくありません。このため、親はなるべく動きまわることを止めさせようと、度々怒ることになり、親も子供もストレスが溜まり、爆発し余計下階や、近隣に迷惑を掛ける事にもなりかねません。


  そこで、子供の動きをある程度許容出来るように床の対策をするのが、親子共々ストレスも少なくしますので、「子供の足音騒音を消す防音工事」なのです。


  実際には完成後の建物では、子供(幼児でも)の足音は重量衝撃音(LH-)に属するため、効果的な対策があまり無いのです。


  しかし、「AS防音マット」は重量衝撃音の子供の足音対策に効果的な防音対策が出来る数少ない材料の一つですので、そのため「AS防音マット」を使った防音対策を「子供に優しい防音工事」と名付けています。


  「AS防音マット」がいかに苦情やクレーム解消の役に立つかは、下記のレビューを見ると納得出来ると思います。


「AS防音マット」のレビュー



   A02


   その通りです。椅子の引きずり音や食器の落下音などの軽量衝撃音(LL-表示)は完成後でも比較的対策が取りやすく、LL-40程度の軽量衝撃音対策の防音絨毯や防音マットを敷くことで、効果を発揮します。


  したがって、新築マンションや戸建も防音対策として簡単な軽量衝撃音対策をし、「防音を施した住まいです。」と表示していることが多く、いざ子供が生まれて動き回りだすと、床の音がうるさく、当てが外れる「住まい」が多いのがマンションの現状です。


  さらに、「重量衝撃音」(LH-表示)対策は完成後は難しいとの意見も多く途方にくれる人も沢山いる事も確かです。なぜならば、音波は軽いものや板状のものには、振動が伝わりやすく、重いものやゴム状の材料には振動が伝わりにくい性質があるからです。


  しかし、完成後の「重量衝撃音」対策も可能なのです。


  その対策が、AS防音マットを使った防音対策なのです。適度な厚さと、3層構造の「AS防音マット」の柔らかさで、騒音発生時のエネルギーを吸収し、初期発生騒音を小さくすることが、「重量衝撃音」に効果がある防音方法なのです。


  さらに、建物の完成後に出来るリーズナブルな「幼児や子供の足音」の対策方法なのです。


  
この防音効果について詳しくは「AS防音マット」をご覧下さい。


   A03


   「AS防音マット」の防音の仕組みは、そのスポンジマットの適度な厚さと柔らかさで、子供の足が床を押す(蹴る)時のエネルギーをスポンジマットがショックアブソーバーのように沈み込むことで吸収し、足の衝撃エネルギーが小さくなるため、発生騒音も小さくなります。


  さらに、小さくなったエネルギーを3層のスキン面で拡散し、より広い面に伝えるため、さらに初期発生音が抑えられ、階下などの人に聞こえる音がより小さくなります。


  初期発生騒音が小さくなることで、自宅の室内側の壁や天井、窓などの防音対策も不要になり、防音対策としては経済的なのです。(声や楽器など有用な音の防音対策は、初期発生音を抑えることが出来ないため別な対策が必要です。)


   A04


   凡その費用は、10畳程度のLDと廊下5m程度(20u程度)をモデルとし、AS防音マットを敷き、その上に400mm角のタイルカーペット(アタック350住宅用をよく使います)を敷く場合の費用としました。


  3通りの施工法があります。


  @自分で施工する場合:この場合は材料だけの費用で済みますのでとても経済的です。


  TVラックやテーブル、ソファーなど重いものを置く強力スポンジマットは含めません、貼り始が楽なフチ材は含めて、110,000円〜130,000円程度になります。(強力スポンジマットはありますが、高価なため、防音対策だけでなく、部屋を綺麗に仕上げたい場合につかいます。)
  @レベルの単価は6,000円/u程度です。


  AAS防音マットのみのスポンジマットの施工を頼む場合:@に施工費をプラスして、180,000円〜200,000円程度になります。(都内近郊の場合)
  Aレベルまで施工して単価は9,000円/u程度と考えてください。


  Bスポンジマット+タイルカーペットまでのフルスペックで施工を注文する場合:Aにタイルカーペットの施工や、ドア部分のスロープ等が加わり、360,000円〜400,000円程度になります。(都内近郊の場合)
  Bレベルまで施工して単価は18,000円/u程度と考えてください。


  AS防音マットのこの仕様で施工した家族の方への苦情やクレームはほとんど無くなっています。施工を頼みたいとお考えの場合は下記フォームメールよりご連絡お願い致します。


  AS防音マット・防音工事の相談メール


   A05


  AS防音マットは、カッターで簡単に切れますし、敷きはじめが楽な縁材もありますので、実用本位で考えれば誰でも簡単に敷くことが出来きます。


  長い壁がある部屋の直交する2辺に縁材を付けてAS防音マットを並べ、部屋の反対側の壁までジョイント式に繋いでゆけばほとんど出来上がりです。(縁材は2辺の壁面ですので、一本だけL(ロング)タイプを使えばOKです。)


  反対側の壁際に入る最後の一列(2辺分あり)は壁に合わせてカッターでカットし、はめ込みます。基本的にはこれで終了ですが、家具や扉、部屋の変形等があると少しやっかいです。


  日曜大工が好きな人等以外は、家具や床、壁を傷つける可能性があります。隅のほうは防音効果に影響ありませんので、少し大きめにカットするか、防音マットをカットせずに済むところで止め、隙間があっても気にしないようにする方法もあります。


  扉の開く部分は、ほとんどの扉が防音マットに引っかかりますので、扉の軌跡に合わせてすこし大きめにカットします。扉や出入り口部分も大きめにカットします。


  施工を私共に任せて頂いた場合には、ドア廻りや壁端部が綺麗に仕上がります。「AS防音マット」の施工の注文までをして、仕上は東急ハンズやホームセンター、ネット等で絨緞やござ等を用意すると、綺麗で、リーズナブルにできます。


  AS防音マットでの工事方法は下記です。綺麗に仕上げるためにテーパー材(スロープ材)や仕上材とAS防音マットの接着にカーペット用両面テープ厚手等を使っています。


  AS防音マットの防音工事の方法

  「AS防音マット」の販売サイト


   A06


  AS防音マットの種類


  @約490mm角のジョイント式AS防音マット
  
  


  A壁際に敷く縁材でショート(一般用部材)とロング(コーナー部分用)がある。
S:ショート(一般用部材)
  


  Aコーナーに1枚必要なL:ロング縁材(コーナー部分の隙間を埋め部材)
  


  B既存床とRS防音スポンジマットの厚さ21mmとの、段差を解消するためのテーパ部材(上部に仕上げ材を敷く時のみ使用)
  


  CソファーやTVラック、ピアノ、本棚、戸棚などを上に置いても潰れない21mm厚さの強力スポンジマット。
(強力スポンジマットは耐荷重の強さで、防音対策ではありません。)


  


  AS強力マットはより気泡が小さく樹脂の密度が高くなり素材が硬くなりますが、防音効果はAS防音マットより劣ります。
  


  AS防音マットの防音工事の方法


   A07


   AS防音マットの上に敷く仕上げ材として、お勧めしているのはタイルカーペットです。東リの住宅用のタイルカーペットは、400mm角の表面が絨毯状の仕上げ材ですので、AS防音マットの上に敷けば、部屋や壁の形状に合わせてカットが可能で綺麗に仕上がります。


  防音効果としても、床衝撃エネルギーの吸収と拡散を助ける効果があります。したがって、AS防音マットの上に敷くとAS防音マットの効果を高める働きがあり、レビューでもプラス効果があると言う方がいました。


  その他にAS防音マットの上に敷いての良い材料として、コルクマット、絨毯、茣蓙、コルクカーペット、ウッドカーペット等を敷くことが可能です。


  費用の項の@またはAで施工し、その上に経済的な仕上げ材を敷きたい方は、ホームセンターやネットなどの、6畳や8畳敷きの絨毯や、茣蓙、コルクカーペット、ウッドカーペット等を敷くことで、リーズナブルに子供の足音の防音対策ができます。


  ご注意:絨毯、茣蓙、コルクマット、コルクカーペット、ウッドカーペットなどで、外国産の安いものが売られていますが、ホルムアルデヒドや有害なVOC(放散性化学物質)が含まれている場合があります。
  赤ちゃん、幼児、子供は床付近の空気を吸っているため、もろに影響が出る場合があります。十分チェックをし気を付けてお求めください。


   A08


  自分でタイルカーペットを仕上げまで施工する場合の注意点です。


  タイルカーペットの場合はきっちり割り付けをして、1枚当り3本のじゅうたん用両面テープ(幅50mm)を使い、端から貼ってゆきます。


  両面テープを3本平行に壁から壁まで貼付け、その上にタイルカーペットを並べてゆきます。(施工時の写真が「床防音工事シリーズ-01」にあります。)


  コルコマットはタイルカーペットと同じ貼り方です。茣蓙や絨毯は部屋の形状に合わせてカットし各辺の下を両面テープで貼付けます。


  ウッドカーペットやコルクカーペットも各辺を両面テープで貼り付けますが、持ち上げられない辺は省略しても大丈夫です。


  ウッドカーペットやコルクカーペットが設置し難い場合には目地に沿って一度カットし接着しながら合わせてゆくことも出来ます。(日曜大工上級者向きです)


  以上が基本的な仕上げ材のAS防音マットの上に敷く方法ですが、仕上げの素材によって敷き方は工夫してください。


  AS防音マット・防音工事の相談メール

  「AS防音マット」の販売サイト


   A09


  AS防音マットの実際の効果は、下の階の人が防音工事をしてくれて、大分良くなった、それほど気にならなくなったと感じられる程度、凡そ現状の騒音の半分程度になると経験上判っています。


  しかし数値に置き換えるのは、実験室と実際の建物ではそれぞれ違いがあり難しいことなのです。ちなみにLL-40との防音床材がありますが、防音効果がある床材としてもランクの高い床材ですが、この床材を使って実際のマンションに近い実験をしてみると、LL-40表示の床材の値が、LL-50程度の値になるのが一般的です。


  LL-40との表示は実際の建物でも40dB程度になる予定なのですが、実験室の値と現実の建物の値とは10dB程度の数値の違いが出てることが多いのです。10dB程度とは、人が聞く場合、倍になる又は半減した、結構小さくなったと感じられるレベルです。


  「AS防音マット」のメインサイトのH項目の試験のLL-値は、現実の建物に近い実験結果ですので、「AS防音マット」を施工した後での結果がとても良いのです。


  ちなみに「AS防音マット」はLL-40の床材(一般的にはLL-50程度になる)の上に敷いて、現実にLL-40程の値になりますので、床材のみで出ていた騒音の値の半分程度の音になるのです。


  重量衝撃音では、LH-50程度の実力ですが、重量衝撃音でLH-50ならば、かなり静かな床衝撃音です。


  LH-50は、重量床衝撃に対する床の音響性能を表わす数値です。2階の床に自動車用タイヤを約1mの高さから落とした時、1階の室で約50 ホンに聞こえる場合の床性能をLH-50といいます。


  LL-50は軽量床衝撃に対する床の音響性能を表わす数値です。2階の床に500gのハンマーを4cmの高さから連続的に落とした時、1階の室で約50ホンに聞こえる場合の床性能をLL-50といいます。


  したがって、同じ50ホンに聞こえるのですが、実際の効果は大きく違います。騒音レベルで50ホンの場合静かな事務所程度だそうです。数字でどの程度と言っても実感が伴わないので、ピンとこないものです。


  ですので、再度ですが、経験上のことで言えば、下の階からのクレームのあったマンションで「AS防音マット」で防音工事の施工をした住宅の、ほとんど全ての下の階からのクレームが無くなっています。


  感情的な状況になっていなければ、子供の足音騒音は半減し許せる範囲の音になっているのです。



有名メーカーの防音床材とAS防音マットの音の聞き比べ


   A10


  「AS防音マット」の長所は重量衝撃音(LH- )を軽減する以外に、とても高い保温効果と危険防止効果があります。


  まず、保温効果ですが、そのまま直接座ったり寝転んだり、もちろん立っているだけでも、じわじわ暖かさを感じます。熱源は全くありませんので、究極の床暖房と言えるほのかな暖かさが感じられます。


  ただし、熱源は自分自身の熱ですので、その熱を逃がさず暖かさを感じるためには、風の流れがほとんど無いことが効果的な環境です。直接肌が触れている部分は柔らかい暖かさが感じられます。


  究極のエコロジーマットですので、キッチンマットや脱衣室のマットとして使えば効果的です。キッチンで調理や洗い物をする時にエネルギーの要らない床暖房として使えます。


  脱衣室では冬に服を脱ぐ時、脳梗塞を起こす高齢者が多く、原因は冷たい床に裸足で乗るからです。空調や暖房ですと、床まで暖めるのに時間が必要になり、全室24時間暖房などにしないとかなり難しいためです。


  「AS防音マット」を床に敷くことで、足の裏が冷たく感じることがなくなりますので、底冷えからも解放され、脳溢血や脳梗塞防止にもなります。脱衣室に敷くことは足の裏が人のセンサーになっていることを考えると、特にお勧めです。


  また、スポンジマットとしての柔らかさで、転倒時の傷害防止にもなります。高齢者やハンディキャップの方々には特に価値ある床材なのです。障害者施設でも、とても効果がありますが、グループホームや高齢者施設では、転倒による骨折も増えていますので、転倒事故を軽減する効果もお勧めです。


  もう一つ、車でキャンプなどへ行く場合、テント内の床としてもとても良い素材です。柔らかくて暖かく、地面からの湿気も遮断しますし、寝る時も地面の固さを感じない、寝やすい床の敷物となります。キャンプ用品としても、とても価値が高いのがAS防音マットなのです。


   A11


  防音・防振マットのようなゴム系のマットは、楽器演奏の特にドラムらピアノの練習などに効果がありますが、私共でも使っております。


  TVラックや本棚などの重い家具の下に敷く部材として重宝しています。


  ただし、足のエネルギーに関係ない部分には良いのですが、直接足で踏む部分にはゴム系の素材が硬すぎて、足のエネルギーを直接受ける部分では、 足のエネルギーをゴム系のマットではエネルギーの吸収が出来ずに、直接下の床材料に伝えてしまい、床で出ていた足音騒音はほとんど小さくならずに、マットが無い場合と同様の騒音が出てしまうのです。


  「AS防音マット」が丁度良い柔らかさと厚さで足のエネルギーを吸収して、下の床材には半分程度のエネルギーにして伝えるため、足音騒音を半減しているのですが、ゴム系のマットは「AS防音マット」とは大幅に違って、足音騒音が減少しないマットなのです。(ドラムやピアノそれ自体が出した振動音は伝えません)


  私共での実験結果でも、ゴム系の防音・防振マットの上に静床ライトを使った場合と、「AS防音マット」の上に静床ライトを使った場合とを比べても、圧倒的に「AS防音マット」を使った方が足音騒音が静かになるのです。そのため、全く次元が違う防音材だと説明してくれた「AS防音マット」の購入者(レビューにあります)いました。


  AS防音マット・防音工事の相談メール

  「AS防音マット」の販売サイト


   A12


  日東紡・静床ライト、東リ・アタック350、サンゲツ・ファミタなど防音効果が高いカーペットを敷いても、子供の足音騒音が軽減されずに、下の階からクレームや苦情を受け、私共に連絡してきた方は何人もおります。


  私共で「AS防音マット」を使い防音工事をしたり、「AS防音マット」を購入していただき床に敷いたりした場合には、階下からのクレームや苦情は全て無くなっています。


  足音騒音が全く無くなる訳ではありませんが、騒音が半減し、足音に対する対策をしてくれたことが、下の階の方にも実感として伝わるからなのです。


  「AS防音マット」は厚手のジョイント式スポンジマットですが、その厚さと、足のエネルギーを丁度良く吸収する柔らかさと、さらに足のエネルギーを分散する3層になっている構造とで、 足音騒音を半減させるため、確実に子供の足音騒音を小さくし、床の防音対策をしたことが下階の相手に伝わり、話し合いを何時までもする必要が無くなります。


  マンションの管理会社や管理組合の理事などの手を煩わせることもなくなり、なんといっても、子供に注意する場面も減りますので、自分たちの気持ちがとても楽になるのが、「AS防音マット」を使う最大のメリットなのです。


Home AS防音マット 床の防音工事 床面防音の知識 AS防音マット防音工事Q&A 会社概要 問合せ