【子供室が家族をだめにする】 TOP 新企画 マニアルQ&A ブログ風談話室 会員制BBS 安心を手に入れる リンク 問い合わせ 7のポイント 欠陥住宅検索頻度 欠陥箇所辞典 防音工事



欠陥住宅の警告だけなら他のHPで済みます。どの様にして欠陥になるのか、
またどうしたら失敗せずに「住まい」を造れるか、 も掲載し、
ハウスメーカーや工務店に頼らない「住まい」造り法!も、
「住まい」や防音で困っている方への相談も提供しています。


kouen
karui
oowada line §「会社概要」

 ├問い合わせ

 └事務所経歴

line §「住まい」の欠陥サポート

 ├どうして欠陥住宅になるの?

 ├失敗せずに「住まい」を造る!

 └家族で考える「住まい」造り!

line §「住まい」造の基本知識

 ├1. −−敷地、地盤、基礎

 ├2.土台、柱・梁、筋違、小屋

 └3.外壁、屋根、窓、断熱材

line §「自分で防ぐ欠陥住宅」

 ├欠陥住宅検索頻度

 ├欠陥箇所辞典

 ├欠陥箇所辞典50音別

 ├欠陥住宅7のポイント

 ├欠陥住宅マニアルとは

 ├マニアルQ&A

 ├「住まい」造りのバイブル

 ├子供を失う「住まい」を変える

 ├外断熱・高気密エコ省エネに住

 └「撮影検査記録マニアル」

line §apss設計コミュニティー

 ├ブログ風談話室

 ├リンク

 ├メルマガ触読及び登録

 └会員制BBS

line §apss+リソー・防音工事

 ├防音工事

 ├高齢者やペットにも優い防音

 ├床の防音工事の例

 ├騒音による事件

 ├リソーネット販売防音マット

 └音に関してのブログ

line §マンション、戸建の立会い

 ├マンションの立会い

 └戸建の立会い

line §家族と「住まい」

 ├【子供室が家族をだめにする】

 ├日刊工業新聞掲載記事

 ├スパイラルエアーシステム住宅

 └住まいが狂気を育てることも

line line

● 欠陥になり易い部分
● 1. 敷地、地盤、基礎
 ☆敷地:
 ☆地盤:
 ☆基礎:
 ☆布基礎が土台をダメにする:
● 2.土台、柱・梁、筋違、小屋組
● 3:外壁、屋根、窓・玄関、バルコニー、樋、断熱材

 ☆「住まい」の購入のアドバイスや内覧会チェックで安心を得たい人は☆

立会サポートをご覧ください。

 ☆「住まい」造を安心して尚且つ安く手に入れたい人へ☆

「住まい」のバイブルをご覧ください。



● 1. 敷地・地盤・基礎

 ☆敷地:

  敷地に関しての主な欠陥は日照、出水、都市計画、公害、騒音等です。
 敷地の問題は、建物の欠陥にはなりませんが、計画や設計をする際に考慮しなければいけない問題です。
 新しく敷地を手に入れる場合には、以下の点を考慮に入れて、
費用との兼ね合いを考える必要がありますし、敷地を取得済みの場合には、
敷地の欠点を上手くカバーする設計にしなければなりません。

 ★日照に関しては、方位を調べ道路や公園、水路等の場所を把握することです。
   南側にこれらの施設があると日照には有利ですが、水路は避けたいものです。
   都市部での住宅の敷地では、敷地内で十分な日照を確保するのは困難に
   なっています。
   敷地を購入する前に、どの程度の日照(時間や時期:冬の午前2時間等)
   で満足出来るかを考え、最低限の日照を決めておくと敷地は選びやすく
   なります。

 ★出水に関しては、敷地の古い時代の土地の形状や種類を調べます。
   敷地の地元の図書館で、敷地の古い年代の地図を見て、
   その敷地が以前はどんな土地だったか調べてみるのが早道です。
   その土地が、湿地、沼地、斜面、埋め立て地、河川等の場合は避けるのが
   賢明です。
   その土地の近くの戸籍も見てみましょう。水路は当然出水し易い場所です。
   出水や川、谷などの水に関わる地名が近くにある場所は、要注意です。

 ★都市計画に関しては、地元の区役所や市役所、町役場に行き用途地域を聞いて
   下さい。
   その土地が建物を建てられる土地か、どの程度の規模まで建築可能か等の
   規制を教えてくれます。
   都市計画道路も教えてくれます。
   都市計画道路は地図に線が引かれているだけですが、何年後かには道路として
   買収される部分ですので、十分に注意する必要があります。
   都市計画道路で事業決定されている部分は建物が建ちません、事業決定が
   されていない部分は、木造等の簡易な2階建てまでは建ちますが、
   何れは解体し売却しなければならない土地ですので、避けたいものです。
   但し、敷地が広く都市計画道路部分がじゃまにならなければ、
   将来広い道路に面する敷地となりますので、メリットとも考えられます。

 ★公害は、幹線道路の側やゴミ焼却場の近く、他に高圧線の下等が考えられます。
   工場等の側もありますが、これは常識でしょう。

 ★騒音に関しても、幹線道路や、線路敷の側に目立ちますが、学校や公園等も
   騒音の被害が出ることがしばしばあります。

 ☆地盤:
  地盤に関する欠陥は、地耐力と不等沈下の問題がほとんどです。
    (不等沈下)建物の地盤が他の部分より耐力が無く、部分的に又は
    局部的に沈み込み、建物全体を傾かせる地盤の沈下。

 ★不等沈下は、敷地の地耐力の違いや建物のバランスの悪さ(重さの偏り)等が
   主な原因です。
   敷地が傾斜地にあり、切土と盛り土の部分があったり、昔田圃で造成が
   いい加減であったり、擁壁の強度が低く建物の荷重に耐えられない等の
   原因で起こることが良くあります。
   傾斜地を敷地とする場合には、造成工事等をよく確かめ、多少費用が
   かかっても、その土地に見合った、杭を打つ等の工事をすることが必要です。

 ★地耐力:
  地耐力は、建物の荷重を地盤が支えられるかの基本ですので、必ず調査し
   てください。
   普通の地盤ならば、簡易な地耐力調査方法として、住宅金融公庫も推薦して
   いるスウエーデン式サウンディングとの調査方法があります。
   少し弱そうな地盤の場合は、載荷試験が現実の重さに耐えられる
   荷重を載せて、地盤耐力を調査する試験方法です。
   建物や地盤によって、どのような方法を選ぶか相談しながら決ますが、
   2階建住宅程度ならば、スウエーデン式サウンディング調査が費用も安く、
   適しています。
   地盤はその敷地に建物を造る際の基本の条件です。
   今後は敷地の価値の決め手の一つにもなりますので、
   敷地を売買する際や建物を造る際には、必ず敷地の持ち主が調査し、
   調査書を持っている必要があります。
 ☆基礎:
  基礎の欠陥は地盤がらみのことが多く、地盤と切り離せません。

 ★基礎の種類
   基礎の種類には、布基礎、ベタ基礎、基礎杭による構造の3種類があります。
   布基礎は地耐力30kN(3t)/u以上、ベタ基礎では20kN(2t)/u以上、
   基礎杭による構造の場合は20kN(2t)/u以下でも可能です。
   地盤の調査をして、地耐力に合わせた基礎の設計をすれば、
   まず問題はありません。
   その他基礎の欠陥部分になりやすいのは、床下換気口の開口部に
   斜めの補強筋を入れずに、ひび割れが生じ基礎の耐力を弱らす場合です。
   
 ★基礎の問題点
   強度関係は上記の点が主ですが、床下は結露が起き易く、
   床下が湿度の高い状態になり、シロアリや腐朽菌による土台の耐力低下が、
   問題になります。
   農薬や防腐剤の塗布により、シロアリや腐朽菌の害から建物を守る方法が
   現在は一般的ですが、シックハウスの素を撒いているようなものです。
   近頃のアレルギー症やアトピー性皮膚炎、花粉症の増加は、
   これらの薬剤や他の建材に含まれている、化学物質が原因になっています。
   シックハウス対策の建築基準法が改正され、仕上材のF☆☆☆☆と、
   24時間機械換気が義務付けられました。
   床下や土台、柱などに撒かれる化学物質は、住宅から放散する化学物質の
   中でも、最も量の多い化学物質ですので、
   アレルギー体質の方は特に注意が必要です。

 ☆布基礎が土台をダメにする。
   布基礎は戦後の住宅の強度を増すために、大いに貢献しました。
   しかし、住宅の精度が良くなり、すきま風が無くなると、床下の換気は
   極端に悪くなり、夏は湿った暖かい外気が床下に入ってきた時点で、床下の
   地面の温度が低いため、土台部分で結露することもあります。
   冬は室内の空気を暖房し加湿する為、その湿度の高い室内の空気が
   床下に下りてきて、外気で冷やされ結露を起こす可能性が高くなります。
   
   この、結露と化学物質を防ぐ方法として、基礎をベタ基礎にし、
   床下換気口を設けずに、室内の空気を床下に送り、室内と同じ空気を使い、
   床下の換気をする方法があります。
   この工法ですと、床下に防蟻、防腐用の化学物質の薬剤を使わずに
   済みますし、構造部材の通気も同時に可能になるため、住宅の耐久性を
   飛躍的に高めることが出来ますし、
   住む人に合った室内環境を維持することが可能です。
   この工法を詳しく知りたい場合は下記をクリックして下さい。

【「スパイラルエアー換気システム」】

 前頁  項目TOP  次頁 

【地元工務店と自然派の人】 TOP マニアルQ&A 会員制BBS 安心を手に入れる リンク 問い合わせ 7のポイント 欠陥住宅検索頻度 欠陥箇所辞典

present by apss住宅研究所 architects & planners space studio