トップページ > 記事閲覧
未来のために異端がある。
日時: 2005/02/28 13:03
名前: kik   <admini@apssk.com>

 問題児とか自閉症児とかはなぜ生まれてくるのか?との問いに、心理学者のある人は、未来に生き残るために、遺伝子が多様性を生み出していると言っていました。

 過去に伝染病が蔓延した時代、生き残れた人達は、当時異常と言われた人が多かったのです。
 同じ思考で同じ遺伝子を持った人は、伝染病の菌の餌食になったのですが、遺伝子が少し違うと病原菌が繁殖できなくなります。

 動物の病原菌が人に移り難いように、人でも異種が存在し、同じ行動をとらない(とれない)人が、病原菌や天変地異に生き残る可能性が高いとの資料もあります。

 恐竜が絶滅したのは、恐竜の遺伝子に突然変異が少なく、世界の変化に対応できなかったからだとの研究もあるのです。

 したがって、異端も自然の中ではとても大切な要素なのですが、世の中を形成している標準優位の世界では生き難いことも確かです。

 今回は問題児や、自閉症等を抱える方々に自分の存在又は、子どもの存在が自分はもちろん家族にも世の中にとっても必要なことなのです。

 異端と世間の狭間で自分に問いかけをし、存在意義を見出して、楽しさや気づきに遭遇している人とメール交換をしています。そのメールが役立つ人もいますので、実際の交換メールを載せてゆきます。

 自閉症やADHD(多動性障害)等の問題を持つ方々だけでなく、普通の方にも励みと希望と勇気が持てる助けになることを、心より願ってお送り致します。
メンテ
Page: [1]

Re: 未来のために異端がある。 ( No.1 )
日時: 2005/02/25 19:33
名前: murm

談話室の記事読ませていただきました。

kikさんのお仕事のことは難しくて私には良く分らないことばかりですが、
今回の記事で設計施工の建築物のことと、
被災建築物応急危険度判定員というお仕事があることを初めて知りました。

知らないことを学べたことの喜びだけでなく、
kikさんの感性を通して教えていただけることが、
お人柄に触れられて心温まり嬉しく思っています。ありがとうございます。


話はちょっと横道にそれてしまうかもしれませんが、
先日「ネバーランド」という映画を見てきました。
ご存知かもしれませんが、ピーターパンの作者が、作品を生み出すまでの物語なのですが、
素晴らしい何かが生まれるためには大きな苦しみが必要なんですね。

映画の中では作者の生い立ちなどは見落としてしまいそうなくらいしか描かれてないのですが、
それが逆に苦悩の多い人生だったのだろうと感じてしまい、
感動して涙が止まりませんでした。

きっと今いろいろなところでそういう事が起きているのですね。

kikさんの談話室に回り逢って以来、
自分の中で急激な変化(まだ続いています)が起こりとても戸惑っていますが、
いろいろなことを教えていただいたり気づかせていただいたりしたことで、
本当に言葉にできないほど今幸せです。

一寸先は闇といいますが、何が起こるか予測がつかないだけで、
明るい未来が待っていることもあるのですね。夢じゃないですよね?

私も少しでも何かの役に立てるように、自分にできることを探しながら、
これからの人生を進んでいきたいと思っています。

今できることから少しずつ、肩の力を抜いて楽しく頑張りまーす!
(少しは進歩しているかな?)

それではおやすみなさーい。 (-_-)zzz
メンテ
Re: 未来のために異端がある。 ( No.2 )
日時: 2005/02/26 00:23
名前: kik

(精神世界から見た、私の体験レポート)
ようやく自分の中の大変化がおさまってきたようで、今度は実践編
とでも言うのでしょうか?小さな出来事の中に自分の未来に踏み出
すための勇気や決断を試されるようなことがたくさん起こってくるの
です。山川さんのメルマガからくるメッセージも、私が感じていること
と通じることが毎日送られてきます。その言葉に背中を押されて、
勇気を出すと、それが正しかったと思えるようなことが起こります。

自分が感じているだけで証明することはできませんが、自分を信じ
てみようと思っています。

またもや信じることの大切さと、信じられる人がついていてくれる事
のありがたさを実感しています。

文章を書くことが苦手で嫌いな私が、こうしてkikさんにメールを
書いていることも、変な文章でもkikさんなら受け止めて下さると
信じている気持ちと、話を聞いてもらいたいという気持ちが成せる
技と自分でもびっくりしています。(かなり四苦八苦してはおります
が…)感謝!感謝!です。

これからは特に、小さな決断も自己中心的ではなく、でも自分に
正直に一つ一つ大切にしていきたいと思っています。

夕方、「雪が降っていてめちゃくちゃ寒い」と言って子供が帰ってき
ましたが、風邪など引かないようにどうぞお気をつけください。でも
kikさんのように地球や人に優しい大切なお仕事をなさっていらっ
しゃる方は、きっと地球が守ってくれますね!

kik です。
気づきはkyamaに来たときから、始まっていたのかも知れませんね。
ともかく、kyamaは変わらずに楽しめるクラブですのでまた、ボールを打ちましょう。

えらいですね、朝の鍵開けは、出来るときには宜しくお願い致します。
このこともrさんが頑張り過ぎていたことの一つのようです。

私も、まだまだ修行が足りないものですから、自分のことで精一杯で
地球規模はおろか、近くに居る人のためになることをするのも、
ままなりませんが、murmさんには喜んで戴けて、
私も感謝しております。

それでは、またkyamaで、メールもどうぞ。
メンテ
Re: 未来のために異端がある。 ( No.3 )
日時: 2005/02/26 00:01
名前: kik

メール ありがとう。
kikです。
今回はmurmさんの文章に返事のように書きます。

> kik先生こんにちは kyamaラケットテニスクラブのmurmです。

おやおや、いつのまにか先生になってしまいましたね、あまり偉くなると、ろくなことがありません。
従来通りで十分です。

> 昨日いただいたメールの中に、「kyamaに来たときから始まって
> いたのかも…」 と書いて下さったことから、また一つ感じたの
> ですが、今の私と前の私では、無意識で行動していたのと、意
> 識して行動しているかの違いだけではないか?ということです。

意識して行動することが大切なんだと思いますが、
さらに成長するとまた、レベルアップして無意識状態で行動するようになるようです。
 ただし、この場合の無意識状態は以前の無意識状態とは、レベルが違い、体が一旦覚えて無意識で、自分に合った行動が出来るようになるそうです。
 ちょうど、自転車に乗れない人が乗れるようになった場合、意識してハンドル操作をしますが、少し慣れると自転車の操作を意識せずに乗り回すようになります。
 意識の状態はこのように、意識して行動する状態と、無意識で行動する状態を繰り返すのですが、らせん状にレベルが変わってゆくそうです。
 murmさんもご存知かと思いますが、私は勝手に、らせん理論と名付けて居ます。
 絵画や音楽など芸術の世界ではよく起こり、
結構認識されている考え方です。
メンテ
Re: 未来のために異端がある。 ( No.4 )
日時: 2005/02/26 00:04
名前: kik

> それともう一つの違いは、前は努力しても結果が悪く出たよう
> に一見思えること。今は過去の経験から不安になりながらも勇
> 気を出して行動すると、すぐに良かったと思えることです。
>
> 昨日の宮崎教室でも、アウトボールを打つときは、アウトと言っ
> て認識してから打つようにと教えてもらいました。今まではアウ
> トボールは打たないようにとのご指導だったのですが…

murmさんが、意識的に行動するようになったことが、良い結果を生むようになったのでしょうね。

> 私のテニスが少し進歩したと思って、レッスンもレベルアップし
> て下さったのでしょうか?(そのうちkikさんを倒してしまうかも
> しれませんよ!)

これは恐ろしい、私も練習に行かないと、直ぐ抜かれそうです。
倒されそうになったら、念力で体封じのおまじないでもしないと、murmさんには利かないかもしれません。

> 出会いも、自分の身に起こる出来事も全て意味があるという
> 教えは、ずっと信じていましたが、その意味はなかなか分ら
> ないそうで、私は死んでから分るのだと思っていました。
>
> でも今、皆さんに支えられながら、その意味を少しだけ教えて
> いただいているように思えてなりません。それで次に進む準備
> をしているのだと。

やっぱりkyamaが良かったのですねー。
素晴らしい体験ですね。
これからもっと素晴らしい体験が訪れることだと思いますし、
今後も応援しています。
メンテ
Re: 未来のために異端がある。 ( No.5 )
日時: 2005/02/26 00:06
名前: kik

> 山川さんからの今日のメルマガにも、対話のをする集まりに行っ
> たことが、書いてありました。その中から何かを見出そうとい
> うものらしいとのことで、意味は分らないそうですが、レベルの
> 違いはともかく、私に起こっていることに似ていることや求めて
> いることの答えが、いつも書いてあります。本当に不思議です。

多分、気付きが始まると、いろいろなものが見えてくるのでしょうね。

>
> 今、kikさんとメールで対話をしていただいていることも、私に
> とって、気付きのとても大きな助けになっていることを感じてい
> ます。そして気付くことが増えてくるほど、壊れかかっていた(壊
> れていた?)心が見る見る確実に回復しています。
>
> やはりkikさんは心療内科の私の主治医
ですね!(こんな名医
> に出会える何て… )また勝手に決めました。(治療費払わないで
> ゴメンなさ〜い!!)
>

おお、先生の意味が解りました。
「心療内科の私の主治医」と言うことですね。
そんな大それたことをしているとは思いませんでした。
もう少し気軽にいきましょう。

> 心のうちを話すのはちょっと恥ずかしいですが、人のために頑
> 張っていらっしゃるkikさんの、何かの役にならないものかと思
> い、またメールしてしまいました。(やっぱり走り出したら止まりま
> せん。)研究材料にでもしていただければ幸いです。
>

ありがとうございます。
今後役に立てさせて戴きます。

> 貴重なお時間をいつもお邪魔してすみません。おわり。
>

とんでもございません。こちらこそ主治医で楽しませていただきました。
メンテ
Re: 未来のために異端がある。 ( No.6 )
日時: 2005/02/26 18:33
名前: murm

kik先生こんにちは kyamaラケットテニスクラブのmurmです。

新しい記事とても面白かったです。いつも楽しませていただき、ありがとうございます。

ちょうど先日ラケットテニスの練習のときに大ボスyさんと、「物事を掘り下げていくと必ず真理は一緒ですね。」と話をしていたところで、今度の記事と今の私の状態とダブるところが多くて、思わず笑ってしまいました。

階段の実験とはちょっと意味が違うかもしれませんが、以前子供とお台場にある科学未来館(宇宙飛行士の毛利衛さんが館長をしていらっしゃる)へ行ったときにした実験で、とても印象に残っているものがあります。

うまく説明できませんが、手摺のような棒の中間に鏡が垂直に設置されていて(鏡を手摺が貫通している状態)、その鏡をはさんで右手と左手で手摺を持つのです。

それで目では左手が映っている鏡を覗き込みます。そのまま見ているだけなら、実際の状態と同じなので、もちろん何も違和感はありません。

次に鏡を覗き込みながら、手摺を持ったまま、左手を左右に動かすのです。右手は動かさずに手摺を持ったままです。そうすると見た目は両手を動かしているように見えるのに、実際右手は動かしていないのですから、視覚から脳に来た情報と、運動機能から脳に来た情報が食い違ってしまい、脳がパニックを起こすのです。

(説明が下手ですみません。分っていただけたでしょうか?)
その感覚は、なんて表現したらよいのか分りませんが、とっても気持ち悪かったです。

是非体験してみてください。

(続きは次項です)
メンテ
Re: 未来のために異端がある。 ( No.7 )
日時: 2005/02/26 18:34
名前: murm

本当に脳ってすぐにパニックを起こすので、正常に働いているほうが不思議なくらいだなと思いました。

個々の人間の価値観や感情も、育った環境や習慣、五感や第六感に個性にとありとあらゆるものに影響されて出来上がっているのだから、まさに小宇宙ですね。

その中で、人々が調和を取り合って、争いをなくしていくのは並大抵なことではないし、私には何もできませんが、せめて自分の心の中だけでも、平和で自分の好きでない人の幸せも願えるようになりたいと、四苦八苦しております。

そのためにはまず自分の心がもっと健康にななることかな?何て思って治療中です。
これがなかなか思った以上に大変で、ただいま合併症を併発といったところでしょうか?
自分の人生の次の段階に踏み出すのは、まだ時間がかかりそうです。

床ずれができないうちに何とかなるようにしたいとは思いますが、あせりは禁物ですね。

お世話になっているkik先生やその他多くの方々に報いるためにも頑張ります。

患者兼愛読者のうるさくて変なおばさんより
(肩書きがだんだん増えてきてちょっと偉くなった気分???)
メンテ
Re: 未来のために異端がある。 ( No.8 )
日時: 2005/03/01 22:58
名前: murm

今日の階段の実験の記事もとても勉強になりました。ありがとうございます。
世の中高齢化社会に向けて、歩道の段差を少なくする工事が進んできたり、
駅にエレベーターやエスカレーターがどんどん増えてきていますが、
ひざを痛めるまで私は、運動のためにできるだけ階段を使っていたのですが、
最近では体を壊すことが不安のあまり、文明の利器に頼ってばかりになりました。
そうすると今度は体力の低下が気になります。

そういえば昔、床の雑巾がけが妊娠中にとてもいい運動だと聞き、狭いアパートの狭い床を一生懸命拭いたものでした。
そのせいかどうかは分りませんが、3人とも安産でした。
自由で便利な世の中ほど、自分にあったライフスタイルや生き方を見つけるのは大変なのですね。

だいぶ前に、これからは自己管理自己責任の時代になると聞いていましたが、最近その言葉の重みが増してきました。

今までに経験したことのない老化に対応するのも、大変化の世の中で自分の生き方を見つけるのも、自己責任において見出していかなければいけないのですね。
大変だけど、そのことを楽しみたいと思いました(心が元気になった証拠です)。

話は変わりますが、只今嗜好食品の取り方について人体実験中なのですが、kikさんは煙草は吸わないのですよね?お酒もあまりお飲みにならないとおっしゃっていましたが、どうしてもやめられない嗜好食品とかはないですか?

私はチョコレートがどうしてもやめられないのです。
やめる必要ないのでは?と思うでしょうが、お酒で言えば、アル中ぎみ。
煙草で言えば、ヘビースモーカーといったところなのです。
無理にやめればストレスがたまるし、少しだけで止まるくらいなら、苦労はしないのですが…

精神状態との係わりをみたり、嫌いと自分に言い聞かせてみたりして研究中です。何か良いアドバイスがあればお願いします。
メンテ
Re: 未来のために異端がある。 ( No.9 )
日時: 2005/02/28 14:44
名前: kik

murmさん こんにちは kikです。
HPいつもご覧いただきありがとうございます。

バリアフリーもそうですが、世の中なにか良いことだと流行ると、それ一辺倒になる傾向にあります。
ラケットテニスも同様で、様々なスタイルがあって良いはずです。
上手くなりたい人だけではなく、1球気に入ったボールを打てればよい(私)、楽しい汗がかければ、ビールがおいしくなれば、チョコレートの分だけ等々目的はいろいろあります。

バリアフリーは、良いことだからなんでも平にすれば良いとの、傾向にありますが、問題点は何処にでもありますので、自分で考えて、判断することが大切だと思っています。

段差は無ければよいのではなく、不要な段差は解消して、必要な段差は効果をよく考慮して、使い易くすることを考えたいと思っています。

階段や段差は結構役に立っていると思いますが、
不要だと考える人もいるのです。

(次項につづきあり)
メンテ
Re: 未来のために異端がある。 ( No.10 )
日時: 2005/02/28 14:46
名前: kik

チョコレートの件は、いろいろお考えでしょうから、
私がとやかく言うものではありませんが、

一つは、以前にお宝鑑定団に、チョコレート好きのお医者さんが出たことがあり、70歳過ぎだと思いましたが、大好きで今までに1000万円分以上のチョコレートを食べた、といってました。
別段肥満や病気になった様子はなく、空き箱や包み紙の収集を同時にしていたので、その収集がお宝に認められ、結構な価値になったように記憶しています。

ばんばん食べても、ラケットテニスで発散すれば、問題なさそうです。

でも、なんとか止めたい場合、見るのも嫌になるほど食べ続けるか、上等な美味しいチョコレートを食べ、不味いチョコレートは敬遠するようにするか。
程度しか思いつきません。

精神世界で考えれば、止めたくなったら止める意思が働く、止められないのは、本当に止めようと思っていないからであり、無理に止める必要は無い。となります。

止めなければいけない、必要性を考え付けば、
自然と止められるはずです。

あまり、答えにならない様ですが、ヒントにでもしてください。
メンテ
Re: 未来のために異端がある。 ( No.11 )
日時: 2005/02/28 15:21
名前: murm

kikさんこんにちは kyamaラケットテニスクラブのmurmです。

昨日は練習にいらっしゃいましたか?私は子供のテニスの試合の
お手伝いがあり、欠席しました。もうラケットテニスしたくてムズムズしています 。

先日チョコレートの件でお返事をいただいてから、またいろいろなことが分り、
胸に深く刺さっていた、大きな呪い釘が2本も抜けました。
犯人は誰だと思いますか? なんと自分自身でした。
それも瀕死の重傷をおわせていたのです。知れば知るほどバカやつです。
その他に人から打たれた呪い釘は数知れず… だと思いますが、
案外それはかすり傷程度のようです。感慨深いものがあります。

それから山川さんご夫妻にお目にかかる機会ができ、奥様の亜希子さんとは
会話もしました。それでそのとき私が話したことが、なな何とメルマガに載ったの
です。

もうびっくりです。
12日にはガイやシンフォニー第5番を見に行って、龍村監督のサイン会のときに
会話することができて、17年分の私の気持ちが伝えられました。メッチャ幸せです。

kikさんの談話室にも載ってしまったし、何だか狐につままれっぱなしです。
今年になってあまりにもいろいろなことがあるので、もう何ヶ月?何年?も経って
しまったような気がしています。

少し前までは、子供に迷惑がかからないように死ぬにはどうしたらいいかなんて、
そんなことばかり考えていましたが(誰も信じてくれないでしょうが…)、
今は、私の正体は何者か、これからどう生きていくかワクワクしながら考えていま
す。
(次項につづきあり)
メンテ
Re: 未来のために異端がある。 ( No.12 )
日時: 2005/02/28 15:22
名前: murm

11日に末の息子の希望で私と部屋を交換し、息子が和室で布団を敷いて、
私が窓の隣に置いてあるハイベッドで眠ることになりました。
夜暖かい布団に入って窓を開け、外の冷たい風を顔に感じながら、
幸せな気持ちと感謝の気持ちをみんなに送るのが楽しみになりました。
そういえばラケットテニスも末の息子がきっかけでもらった楽しみでした。
親孝行なやつです。

何でこんなに沢山のものを(息子はともかく)kikさんからいただけるのか、不思
議でなりません。
kikさんは、私が引き寄せただけとおっしゃいますが、それはもちろんあるにして
も、

絶対にそれ以外の何かを感じています。よく分りませんが…
本当に本当にありがとうございます。

ここからが本題です。

今日はバレンタインデーですね!形で表すと世間でいらぬ誤解を生じてしまうとい
けないので、
言葉では説明できない、自分にも説明がつかない想いをメールに載せてお送りしま
した。

届きますように!!
(あれ?本題がやけに短いですよね!)
それではまた、ラケットテニスのお相手をしていただけるのを楽しみにしておりま
す。
(やっぱり私って凄く変な人ですね!自分が一番納得してま〜す。)
メンテ
Re: 未来のために異端がある。 ( No.13 )
日時: 2005/02/28 15:27
名前: kik

RTにまいりました。
昨日は、人数が少なく10人程度で、ゲームをしたのが8人でした。
例によって、10時半ごろの出勤でしたが、
休み無くやらされ(表現が良くないですね、実際には進んで楽しみです)
くたくたに疲れ、12時半上がりました。
でも、s御夫妻含めて4人はその後も練習をしていました。

このへんも、kyamaらしくバラバラですが、
それが出来るのが、良いところでしょう。

呪い釘がそんなにありましたか。
抜けて良かったですね。
本当に人間とは馬鹿なもので、
私も良く自分で自分の首を絞めるようなことをしています。
でも、自己治癒能力と言いますか、ほとんどが免疫と同じで、
自分で治療するしかないことのようです。
免疫機構で考えると面白いですね。
少しの細菌やウイルスに犯されることによって、免疫能力は高まります。
沢山押し寄せてくると、体がやられてしまいます。

精神的治癒能力も同じようです。
小さな問題を与えてやると、精神的免疫も高まるようですが、体の免疫力と違い、無意識層に問題を与えると、問題に押しつぶされることが多いようです。
問題は意識層に与え、その問題を楽しくする為にはどうしたらよいかと考えると、
精神的免疫力が高まるようです。
悪いものも必要なのですね。
私も気をつけようと!

(次項につづきあり)

メンテ
Re: 未来のために異端がある。 ( No.14 )
日時: 2005/02/28 15:28
名前: kik

精神的免疫力の開花かもしれません。
今まで詰め込んだ悪いものを、どんどん排除できるようになったのだと思います。
一度付いた免疫は落ちませんから、どんどん楽しいことが起こるのでしょう。

私が細菌かウイルスなのかもしれません。
排除能力が高くなった、murmさんは私を見ると、
免疫機構が猛烈に働き出す。
よって、良い事ばかりが起こりだす。
これかもしれませんねー。私が細菌かウイルスなのかもしれません。
排除能力が高くなった、murmさんは私を見ると、
免疫機構が猛烈に働き出す。
よって、良い事ばかりが起こりだす。
これかもしれませんねー。

ありがとうございます。
気持ちは十分受け取りました。
チョコレートはかみさんのもので代用しておきます。

とても素直だと思います。
変なことはありません。
また、ラケットテニスかメールで楽しみましょう!!
メンテ
Re: 未来のために異端がある。 ( No.15 )
日時: 2005/03/01 23:53
名前: murm

kikさんこんにちは kyamaラケットテニスクラブのmurmです。
いつもお世話になり、ありがとうございます。

やっと自分の進む道が見つかりました。
4月から訓練を受け、夏頃には仕事を始められる予定です。
後は私の努力しだいですね。ちょっと不安ですが、サポート体制も
万全なので、頑張ります。

やっとと言うより、こんなにも早くと言った方が正しいかもしれません。
自分を知り、いろいろな方からメッセージをいただき、まったく新しい道が
開けてしまいました。それもkikさんにメールの相手をしていただいた
中にヒントが隠されていました。本当にありがとうございます。
仕事の内容に関しては、聞かないでください。何か恥ずかしいので…
こんなことが自分の身に降りかかって来るとは思っても見ませんでした。
大げさかもしれませんが、生きていて良かったです。

仕事に就くまでの間に、行きたいセミナーや講演会が沢山あり、
楽しみで一杯です。

(次項に続きあり)
メンテ
Re: 未来のために異端がある。 ( No.16 )
日時: 2005/03/01 23:45
名前: murm

10数年前にも、山川さんの訳した本を参考にしながら、自分のトラウマを
自分で治療したことがあるのですが、難しくて頭が変になりそうでした。
でもとりあえず少しはよくなったので、そこそこのところで諦めたのですが、
あれから新たなトラウマや傷が、どんどん溜まっていたんですね。

実は自分で気がつかない、三つ目の呪い釘もあったんです。
山川亜希子さんのお話の会に行ったとき急に抜けて、みんなが笑って
いるときに涙があふれそうになり、困りました。大きな愛にあふれている方です。

今回こんなに大掛りな治療ができたのは、kikさんがついていて下さったからです。
胸が一杯です。心から感謝しております。

kikさんが細菌かウイルスなら、私は細菌かウイルスに変な形の愛を
送っているのでしょうか?変わり者の私としては、なんかとっても気に
入ってしまいました。素敵な関係ですね!?今後ともどうぞよろしくお願い
いたします。
メンテ
Re: 未来のために異端がある。 ( No.17 )
日時: 2005/03/01 23:50
名前: kik

murm さん
おはようございます。
kik です。

良かったですね、やりたい事が見つかって、

murmさんの大いなる好奇心と、
素直な行動力があってたどり着くことができたと思います。

前にも話したことがあるような気がしますが、
人が変わるために最も大切なのは、行動力(実行力)であり、その妨げをしているのが、思考力のようです。

私のことを考えてみても、ラケットテニスは、数年前に練馬区報でたまたまyさんの案内を見つけ、電話をしたのがきっかけでした。

話を聞いたときは、硬式しか頭になかったもので、遊びっぽいなーと思ったのですが、他に近そうなところがなかったので、ともかく遊びに行って見たのが病みつきになり、やってみると、硬式と同じように出来ますし、日焼けも雨も寒さも関係なく、テニスエルボーも起きませんし、費用も安いですし、健康にも貢献しています。
 murmさんのような、素敵な女性とも出会えましたし、いいことづくめでした。

さらに、murmさんへの協力ができて、感謝され「愛」まで戴けて本当にありがたいことです。
 
(次項に続きあり)
メンテ
Re: 未来のために異端がある。 ( No.18 )
日時: 2005/03/01 23:51
名前: kik

 こう考えてみると、ちょっとした行動が、素晴らしい発展に繋がってくることが、
よく解ります。
 思考は、行動を妨げることが多いようです。

 ただ、私の場合も仕事になりますと、なかなか上手く行かなくなります。
相手に良かれと思って提供したデザインが、裏目に出て仕事を取り逃がしたり、したことが多々あります。
 相手に伝わる気持ちが無かったと言うことだと思いますが、私は営業マンではないとのプライドや思考が邪魔をして、完全に相手の立場に立つことが出来ないことがしばしばです。
 相性の悪い相手はしょうがないとの思いと、もっと相手の気持ちになって対応してあげられてのではなかったかとの思いが、錯綜しますが、今一歩行動で示すことが出来ずにいるため、商売繁盛に繋がらないようです。

 仕事になると、また一段のステップアップが必要なようです。

 細菌、微生物理論で考えると、人に取り付くのは悪いものもよいものも
一緒に取り付いてくるのですが、最終的な判断は本人によります。

細菌に犯されて病気になっても、死に至らなければ、免疫が強化されたのですからツイてると思うのか、病気になって悪い細菌だと思うか?

微生物などは、体内でも大いに体の為に働いてくれていますが、だれも気がついてくれません。花粉症のように清潔志向で殺菌剤を使いすぎて、体調を崩してからやっと気がつく人がいますが、それでもまだ気がつかない人もいるしまつです。
昔は花粉症の人はとても少なく、回虫などの寄生虫の宿主をしている人には、
アレルギー症の人はとても少ないとの資料もありました。
花粉症も体に良い微生物を殺していることが、原因の1つなのでしょうね。
メンテ

Page: [1]

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存