トップページ > 記事閲覧
津波の被害は恐ろしい。
日時: 2004/12/28 19:31
名前: kik   <admini@apssk.com>
参照: http://www.bekkoame.ne.jp/ro/apssk/

津波の被害は恐ろしいものです。
 インドネシアのスマトラ島沖地震により発生した津波による被害は、インド洋沿岸の諸国を中心に、現時点で2万2千人を超え、50万人を超える被害になるとの予測もでています。被害を受けてしまわれた方々には、心からお悔やみ申し上げます。

 この津波は海岸では高い波は5m以上の高さの津波として陸地を襲って、人や車、その他ほとんどのものを水の力で無茶苦茶にしてしまいました。
 このような、自然の脅威に対処するすべは、人工のものには、ほとんどありません。

 建築物として唯一、可能なのは構造体の強化ですが、特に基礎と地盤の強化は有効です。TV報道でもお解かりのように、地盤の悪い建物や基礎の確りしていない建物は建物ごと動いたり、潰されたりとの被害を受けています。

 地盤が確りしていれば、被害は受けても、修理が出来ますが、建物自体が動いてしまってはどうしようもありません。
 また、確り建っている場合には、上階に避難して被害を最小にすることも可能性があります。

 どんな場合でも、地盤と基礎はとても大切な要素であることを納得するのに、十分な警告を発する地震であったと感じた次第です。
メンテ
Page: [1]

津波の被害は恐ろしい-2 ( No.1 )
日時: 2004/12/30 00:01
名前: kik  <admini@apssk.com>
参照: http://www.bekkoame.ne.jp/ro/apssk/

 その後、インドネシアのスマトラ島沖地震の映像が報道で流されていますが、震源地傍のインドネシアのパダン・アチェの画像は恐ろしいものです。

 海岸沿いの陸地が海原と化し鉄筋の住宅がその中にぽつぽつ残っている映像です。
 本当は、地震より津波の方が被害が大きいのかもしれません。被害範囲の大きさと、水の威力は地震による揺れと火災の被害を上回る力がありそうです。

 映像を見た範囲での感想ですが、多少の構造的強化はほとんど意味を持たないのが、津波の大きいもののようです。海岸線からの距離や津波の高さ(大きさ)にも因ると思いますが、高さ5m程度の津波でほとんどの家屋が崩壊している映像を見ると、現代の建築技術の危うさを思い知らされるに足るものでした。

 日本では津波の被害も多く、警報は速やかに出るのですが、津波に対抗する構造として設計しているわけではありません。
 したがって、運が作用するとしか言いようがありませんし、津波は水ですので、何処に強い力がかかるかまた、どの様な水流が被害を大きくするのかはほとんど判りません。
 自然災害は本当に恐ろしいもので、どんなに用意をしても被害を受けるときは受けてしまうのかもしれません。建築基準法で概ね防げるのは、通常訪れる程度の災害までであり、それ以上の災害に遭遇した場合には、運に因る要素が高いのです。

 しかし、この津波の災害のあった、プーケット島などに、これから遊びに行く人が結構居るのは驚きです。
メンテ
自然災害は運次第か? ( No.2 )
日時: 2005/01/12 16:09
名前: kik

 スマトラ沖地震及び津波は当初の予想を大幅に上回り、死者、行方不明者16万人以上、との資料が新聞に載っていました。
 今回の津波の被害は、今までに類をみない大災害ですが、人類の記録の中歴史では類をみないと言うだけで、地球の歴史からすれば、何度も起こっている自然現象であり、海岸線に住んでいる人々が多いための被害なのです。

 自然を神と崇めた信仰がありますが、自然災害の脅威を目の当たりにすれば、当然神の脅威としか思えないような人知の及ばない世界があるのが理解できます。
 人類が傲慢になればなるほど、自然災害で被害が出やすい場所に大勢の人達が住むようになり、平然としているので、大災害に見舞われると大勢の被害者が出ることになります。

 地球と言う自然と付き合ってゆく難しさを知らされた災害でした。
 最終的には自然災害の被害は運になります。かなり大勢の旅行者が、世界各国から訪れており、日本人も例外ではありませんが、前日に帰ってきた人やこれから行こうとしていた人もいるはずです。
 本当に世の中は運次第とつくづく感じられます。
 しかし、運を呼び寄せる為には、占い師や祈祷師に頼るのではなく、自分を磨くことでも大いにツキがよってくるようです。

 被害に遭った人でも、とっさの判断で生き延びた人のニュースが最近多く放送されていますが、人に頼らず自分を磨いている人は、常に自分で判断をすることになれていますので、自然災害の場合にも、とっさに自分達を安全な方向に導く、判断をする可能性が高くなるのです。
メンテ

Page: [1]

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存