TOP 新企画 欠陥住宅注意事項 ブログ風談話室 会員制BBS ラインナップ リンク 問い合わせ 7のポイント 欠陥住宅検索頻度 欠陥箇所辞典 特選素材



欠陥住宅の警告だけなら他のHPで済みます。どの様にして欠陥になるのか、
またどうしたら失敗せずに「住まい」を造れるか、 も掲載し、
ハウスメーカーや工務店に頼らない「住まい」造り法!も、
「住まい」や防音で困っている方への相談も提供しています。


kouen
karui
oowada 「住まい」造の基本知識

 
☆1.  −−敷地、地盤、基礎

☆2.土台、柱・梁、筋違、小屋

☆3.−外壁、屋根、窓、断熱材

 ☆「住まい」造を安心して尚且つ安く手に入れたい人へ☆

「住まい」のバイブルをご覧ください。

 ☆「住まい」の購入のアドバイスや内覧会チェックで安心を得たい人は☆

立会サポートをご覧ください。


 

 

大変お待たせいたしました。下記のFQAを参考にしてください。
ご質問は問い合わせよりお願い致します。

 


Q01 この写真マニアルは、どのような役に立つのでしょうか?

Q02 施工中に写真を沢山撮ると、職人さんの邪魔になりませんか?

Q03 マニアル無しで自分で撮影する場合との、違いは何ですか?

Q04 費用が10万円弱で高いようですが、どうしてでしょうか?

Q05 マニアルは在来木造用となっていますが、2x4造や軽量鉄骨造、鉄骨造、コンクリート造用は、ないのでしょうか?

Q06 内容を見て気に入らない場合は返品できるのでしょうか?

Q07 記録の写真は撮りたくないが、サポートが欲しいのですが?

Q08 ハウスメーカーで施工しているのですが、言うこととやることがチグハグで、不安になってきました。今からでもマニアルとサポートの効果はあるでしょうか?

Q09 サポートを気に入った場合、サポートを他の人に薦めるのは効果的でしょうか?



 Q01

 この写真マニアルは、どのような役に立つのでしょうか?
 A01
 施工中に記録写真を撮ることは、見えなくなる部分の記録として有効です。雨漏り、地震などの際、壁の中や床下、天井裏が気になりますが、これらの部分をこまめに記録しておくことで、チョッと気になった時に気軽に見ることが出来ます。また、設備は傷みますので取替えや補修の場合にも内容の検討をすることができます。


 Q02

 施工中に写真を沢山撮ると、職人さんの邪魔になりませんか?
 A02
 記録撮影を邪魔にするような監督や職人の場合は要注意です。自分の造っている住宅に自信を持っている監督や職人さん達は、喜んで見せてくれますし、記録写真を撮ることに喜びを感じる人が多いのです。また、時々職人さんも一緒に撮影しプリントして差し上げると、とても喜ばれます。したがって、記録の写真を沢山撮ることで、現場の体質ややり方、問題の有無もある程度判る効果があります。


 Q03

 マニアル無しで自分で撮影する場合との、違いは何ですか?
 A03
 記録や抑止力的効果は、あまり変わらないと思いますが、第三者の専門家に相談できることを現場の人に告げられることがポイントの一つです。いい加減なことをしている場合、監督や職人さん達は、そのことをある程度解かっていながら、施工を進めています。その問題点を写真に撮られて相談されると困るので、キチット仕事をする可能性が高くなります。二番目のポイントは、問題点を指摘されて、言い訳が多くなる場合がありますが、こんな場合も要注意です。早めに問題を見つけ出し、手を打つことが可能になります。三番目のポイントとして、工事中の重要撮影ポイントが示されていますので、必要なポイントを外さずに撮影することが楽に行えます。


 Q04

 費用が10万円弱で高いようですが、どうしてでしょうか?
 A04
 費用は、マニアルを売り切りで済ますのではなく、不明な点や疑問に専門家が答える純粋にソフトの部分が大きく含まれています。問題点が発生し、専門家に相談に行くと、5000円〜8000円/1時間程度しますし、1日では50,000円程度になるのが普通です。このような点から考えれば、疑問点や問題点の相談が気軽に出来るシステムとしては、けして高くありませんし、先払いという事で安くなっていると言えます。このようなサポートが必要の無い人は、ご自分で熱心に記録撮影することで、それなりの効果は期待できます。


 Q05

 マニアルは在来木造用となっていますが、2x4造や軽量鉄骨造、鉄骨造、コンクリート造用は、ないのでしょうか?
 A05
 現在は、在来木造用ですが、2x4造や軽量鉄骨造、鉄骨造、コンクリート造の場合はお申し出下さい。状況に応じて用意出来る場合もございます。


 Q06

 内容を見て気に入らない場合は返品できるのでしょうか?
 A06
 もちろん、内容を見て気に入らない場合は返品可能ですが、このマニアルだけが価値ではなく、疑問に答える専門家のサポートが最大の価値になっています。中途半端な考での購入は、お互いにマイナスになりますのでお控えください。


 Q07

 記録の写真は撮りたくないが、サポートが欲しいのですが?
 A07
 後々のことを考えて、記録の撮影をするのが良いのですが、時間が取れない場合や現場が遠い場合には、撮影があまり出来ない場合もあると思います。この場合ご了解の上でサポートだけでもお受け致しますが、問題発生の場合には記録撮影をすることを念頭において、サポートをお受けください。また、出来る限り記録撮影することをお薦めいたします。


 Q08

 ハウスメーカーで施工しているのですが、言うこととやることがチグハグで、不安になってきました。今からでもマニアルとサポートの効果はあるでしょうか?
 A08
 まだ、壁の中や床下天井裏が見える状態であれば、記録撮影も可能ですし、問題点が発覚した場合などにも専門家のサポートが出来ますので効果を発揮出来ます。但し、すでに欠陥住宅状態に陥っている場合には、マニアルサポートのシステムから欠陥住宅サポートのシステムに切り替えます。欠陥住宅サポートの場合には手間隙がとても多くなりますので、別途の料金になります。


 Q09

 サポートを気に入った場合、サポートを他の人に薦めるのは効果的でしょうか?
 A09
 本当に良いものでも、使った人の口コミなどがないとなかなか普及いたしません。マニアルを購入して会員になって頂いた方で、本当に良かったと思った方が、他の方にこのマニアルを薦めていただいた場合には、購入費用の「20%」を還元することに致しました。このシステムは、薦められた人にも喜ばれ、薦めた人も楽しめるサービスです。



欠陥住宅注意事項 TOP 会員制BBS ラインナップ リンク 問い合わせ 7のポイント 欠陥住宅検索頻度

present by apss住宅研究所 architects & planners space studio