【子供室が家族をだめにする】 新企画 「住まい」造の基本知識 大規模改修工事 ブログ風談話室 会員制BBS ラインナップ リンク 問い合わせ 7のポイント 欠陥住宅検索頻度 欠陥箇所辞典 防音工事



【自分で防ぐ欠陥住宅】

欠陥住宅の警告だけなら他のHPで済みます。どの様にして欠陥になるのか、
またどうしたら失敗せずに「住まい」を造れるか、 も掲載し、
ハウスメーカーや工務店に頼らない「住まい」造り法!も、
「住まい」や防音で困っている方への相談も提供しています。


【☆欠陥住宅・メーカー検索頻度’09前】/ 【☆欠陥住宅・欠陥箇所検索頻度’09前】

74・☆「住まい」の中でカビの多い部分は☆



kouen
karui
oowada line §「会社概要」

 ├問い合わせ

 └事務所経歴

line §「住まい」の欠陥サポート

 ├どうして欠陥住宅になるの?

 ├失敗せずに「住まい」を造る!

 └家族で考える「住まい」造り!

line §「住まい」造の基本知識

 ├1. −−敷地、地盤、基礎

 ├2.土台、柱・梁、筋違、小屋

 └3.外壁、屋根、窓、断熱材

line §「自分で防ぐ欠陥住宅」

 ├欠陥住宅検索頻度

 ├欠陥箇所辞典

 ├欠陥箇所辞典50音別

 ├欠陥住宅7のポイント

 ├欠陥住宅マニアルとは

 ├マニアルQ&A

 ├「住まい」造りのバイブル

 ├子供を失う「住まい」を変える

 ├外断熱・高気密エコ省エネに住

 └「撮影検査記録マニアル」

line §apss設計コミュニティー

 ├ブログ風談話室

 ├リンク

 ├メルマガ触読及び登録

 └会員制BBS

line §子供に優しい防音工事

 ├防音工事

 ├高齢者やペットにも優い防音

 ├床の防音工事の例

 ├騒音による事件

 ├子供に優しい防音工事Q&A

 ├RS防音マット実績

 ├リソーネット販売防音マット

§マンション、戸建の立会い

 ├マンションの立会い

 └戸建の立会い

line §家族と「住まい」

 ├【子供室が家族をだめにする】

 ├日刊工業新聞掲載記事

 ├スパイラルエアーシステム住宅

 └住まいが狂気を育てることも

line line

 ☆「住まい」の購入のアドバイスや内覧会チェックで安心を得たい人は☆
立会サポートを

 ☆「住まい」造を安心して尚且つ割安に手に入れたい人へ☆
ほんものの「住まい」造りのバイブル

  「住まい」選びで大切なのは家族の意味をハッキリさせ、目的を持つことなのです。

 いたずらに欠陥住宅を怖がったり、無理やり勉強しようとしても、多少知っているからこそ落とし穴に落ちることもあります。
 骨董趣味の人が、下手に知識があることで失敗することと同じで、「生兵法は大怪我の元」となることもあるのです。

 この問題を避け、素晴らしい「住まい」を手に入れるのには、人を見極めることが大切なのです。
 それが難しいとの声が聞こえてきますが、あなたの感覚にあう人を選べばまず間違いなく上手く行きます。
 安くしたいとか、得したいとか、人選びに雑念が浮かぶと失敗の元となりますので、素直にフィーリングだけで判断することをお勧めします。

 「住まい」を安く手に入れられることもありますが、この場合には、冷静に理由を確認し納得が出来ることが必要です。

 マンションや戸建の内覧会も御自分で可能だと思いますが、この際しっかりとした評価を受けておきたいと考えるのも良いことです。
 「問題ない」との評価を受けておけば安心ですし、家族との楽しみも自然と増してきます。

【欠陥住宅を検索エンジンで探してみると?】
 ある検索エンジンのキーワードで、「欠陥住宅」を探した人は、
ひと月間に14000名以上もいますし、欠陥住宅で名指しされている
ハウスメーカーは、大手ハウスメーカーのほとんど全てに渡っています。

 欠陥住宅で不安に思って、検索エンジンを頼りに情報を求めている人が、
一ヶ月間でも、こんなに大勢いて、不安をかかえているのです。


【情熱と基本知識で欠陥住宅を防ごう】
 最も安心できる方法は、信頼できる設計事務所や第三者検査などの専門家を頼んで、設計や第三者監理をしてもらい、複数の目でチェックするのが良いのです。

 しかし、すでにメーカーに依頼した人や、金銭的に余裕が無い人(信頼できる設計や監理をしてくれる設計事務所や機関は少なく、設計や監理の人が増えれば費用も嵩むことになる)、他に事情のある人も多いと思います。

 「住まい」を造る場合に、複数の専門家でチェックを出来ない場合の、「欠陥住宅」から「住まい」を守るための最良の方法は、自ら「住まい」造に情熱を傾け、「住まい」造に参加し、「住まい」造の記録を撮り続けることなのです。

 「住まい」造も、工事の人達との良好な関係と、良い「住まい」を造るとの熱い思いが必要なのですが、その気持ちをハウスメーカーの担当や現場の監督、棟梁、さらに職人達にまで知らせるのは、容易なことではありません。

 【欠陥住宅防止撮影検査マニアル】を使い、「住まい」造の過程を、くまなく撮影し記録することにより、建て主には「住まい」造りの施工中の細かい記録が残り、ハウスメーカーや棟梁、職人達も本当に建て主のことを思って施工をしていることが判ります。

 もし、工事の撮影や工事内容の説明を、うるさがるようでしたら、それこそ欠陥を招く住宅になると伝える必要がありますし、そのチェックも出来るのです。

 【欠陥住宅防止撮影検査マニアル】を使うことで、工事の撮影を気兼ねせずに出来ますし、さらに監督や棟梁、職人達に工事の説明をしてもらうこともできます。

 それでも不安や納得出来ない時には、apss設計事務所にサポートを受け、質問や不安の内容を問い合わせることが出来ますので、不安の解消が出来ます。

 「住まい」造に参加するための道具として、また「住まい」造りの撮影記録をスムーズに運ぶ為にも、さらには不安解消の為にも、専門家によるサポートが受けられる
【「撮影検査記録マニアル」】は効果的な役割を果たすのです。


 情熱を持って「住まい」造りに参加し、「撮影検査記録マニアル」を完成させれば、欠陥住宅になることはないでしょう。

 しかし、どんな良い建物でも多少の不具合が出ることはあります。
 その不具合の原因を見つける為の資料としても、「住まい」造の施工中の撮影記録が、完成後にも十分に役に立つ存在になります。

 また、完成後のメンテナンスの道具としても「撮影検査記録マニアル」は使うことができます。
 
 
 
 
 
 
 
 

【地元工務店と自然派の人】 【欠陥住宅防止撮影検査マニアル】 マニアルQ&A 会員制BBS ラインナップ リンク 問い合わせ 7のポイント 欠陥住宅検索頻度 欠陥箇所辞典

present by apss住宅研究所 architects & planners space studio